害虫駆除なら害虫駆除110番

*

害虫駆除110番

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-021-072

フリーダイヤル0120-021-072

ダニによる被害

【―疥癬(カイセン)―】

疥癬という病気は、ヒゼンダニが引き起こす感染症です。ヒゼンダニは大変小さな虫で肉眼では確認することができません。疥癬は、ヒゼンダニが人間の皮膚(指の間や手首、わきの下など)に疥癬トンネルと呼ばれる穴を掘り、そこに卵を産んで寄生し、それによって酷い痒みを引き起こす病気です。疥癬にも2種類あり、通常疥癬と角化型疥癬があります。疥癬は感染症なので、家族や集団生活をしている中の1人がかかってしまうと、寝具や衣類など肌が触れるところから感染する可能性があるので、すぐに病院にいく必要があり、また予防対策もしっかりしなければいけません。

【―ダニ媒介性脳炎―】

ダニ媒介性脳炎という病気は、マダニ科のダニを介して感染するウイルスです。マダニに噛まれたらもちろん感染しますし、家畜の生乳を飲むなど間接的に感染することもあります。日本でも感染事例はありますが、日本よりもヨーロッパやロシアの方でよく見られる病気で、日本人の旅行スポットとしても人気の地ですから、旅行に行くときは十分に注意しなければいけません。この病気は死に至ることもある大変危険な病気です。中でもロシア春夏脳炎では、20~30%が致死、中央ヨーロッパ脳炎では、1~5%が死に至っています。

【―ツツガムシ病―】

ツツガムシ病という病気は、ツツガムシというダニを介してオリエンティア・ツツガムシ菌が感染する病気です。ツツガムシに噛まれると真ん中が黒くてその周りが赤く腫れ上がるという特徴があります。噛まれると高熱が出て発疹が見られ、酷いときは死に至ることもります。
害虫が発生したら被害がひどくなる前に一刻も早く駆除すべきです。